スポーツ

當眞嗣斗【とうまつぐと】が大相撲に入門?白鵬の過酷宣告とは?

Pocket

2019年3月31日放送の『ミライ☆モンスター』に當眞嗣斗(とうま つぐと)さんが出演されます。

今まで自分の体重を測ることができる体重計がなく、本当の体重はわからなかったそうですが、今回受けた大相撲の新弟子検査で正式な体重が発表され、世間を驚かせました。

すでにプロ級の規格外の体格、今後相撲界での期待が高まっています。この春、沖縄初の横綱を目指して第一歩を踏み出しました。

Sponsored Link

當眞嗣斗(とうま つぐと)プロフィール

生年月日:2000年5月10日
出身地:沖縄県那覇市
出身校:鳥取城北高校
好きなタレント:新垣結衣
身長183センチ
体重211キロ

規格外の体格はどうやって作られた?

當眞嗣斗(とうま つぐと)さんの規格外の体型はどのようにして作られたのでしょうか?

當眞嗣斗(とうま つぐと)さんは小学校入学時ですでに体重が80キロあったそうで、一般的な小学生の体重が20キロ前後なので、約4倍です。

その後、小学4年生で120キロ、中学入学当時で150キロとぐんぐん成長しています。

6歳から始めた相撲ですが、きっかけは『相撲をするなら毎日お腹いっぱい食べてもいいよ』と言った父様の言葉だったそうです。

この立派な体系を作り上げたのはお父様の職業が影響していそうです。

當眞嗣斗(とうま つぐと)の父親の職業は?

お父様は地元の沖縄県那覇市で『いかり亭』という居酒屋を経営されています。

お魚にこだわった地元の人に愛させるお店のようです。

當眞嗣斗(とうま つぐと)さんは稽古が終わると、お店に行ってお腹いっぱいお父様の手料理を食べていたそうです。

そして、アスリートあるあるなのですが、牛乳を1日に4リットルも飲んでいたそうです。

わたしも身長を伸ばしたくて、学生時代に1日2リットルの牛乳を数ヶ月飲んでいた経験があります。

牛乳はすごいもので1ヶ月に1センチぐらいののペースで身長が伸びましたが、同時に体重も同じペースで増加しました。

あっという間に洋服がキツくなったので数ヶ月で挫折しましたが、これを続けていたとなると相当体重増加だったと想像できます。

當眞嗣斗(とうま つぐと)が入門した相撲部屋はどこ?

當眞嗣斗(とうま つぐと)さんは宮城野部屋に入門することが決まっています。

宮城野部屋は東京都墨田区にある明治時代に創設された相撲部屋です。親方の現役時代のしこ名は竹葉山(ちくばやま)現役時代の番付は前頭十三枚目。

数ある相撲部屋の中から、なぜ、宮城野部屋に入門することになったのでしょうか?

宮城野部屋といえば炎鵬も!

炎鵬は結婚して嫁【妻】と子供がいる?性格や名前の由来もチェック!あれれ?舞の海が現役復帰?って思ってしまうほど、体格のいい力士のいる中でひときわ目立っているのが炎鵬関。 体が小柄なので本人もプロ...

それには、幼い頃から横綱白鵬との交流が関係しています。

小学生時代のわんぱく相撲でメキメキと頭角を表した當眞嗣斗(とうま つぐと)さん。わんぱく相撲は3連覇を成し遂げた経歴の持ち主!

恵まれた体格に相撲の強さを併せ持った相撲少年の噂は、横綱白鵬の耳にも入っていたんですって。

沖縄にすごい小学生力士がいるとの噂を聞きつけた横綱白鵬自らが、自身の沖縄後援会の方に連絡。

その方の協力を得て當眞嗣斗(とうま つぐと)さんを探し出し、横綱白鵬が主催する少年力士の世界大会『白鵬杯』に招待したと言う経緯があります。

少年力士の世界大会『白鵬杯』でも、みごとチャンピオンに輝いています。

幼い頃から交流を続けてきた横綱白鵬が所属する相撲部屋に入門するのは自然の流れだったのかもしれません。

Sponsored Link

横綱白鵬が當眞嗣斗(とうま つぐと)に課した過酷ダイエットとは?

現在体重が211キロある當眞嗣斗(とうま つぐと)さんは、横綱白鵬からある宣告を受けています。

その驚きの内容がなんと『ダイエット宣告』です。

一般人でもなかな難しいダイエットですが、横綱白鵬が課したダイエットとはいったいどんな内容だったのでしょうか?

それがこちらです。

「もう少し体重を絞って、筋肉のよろいをつけて」

出典:琉球新報

當眞嗣斗(とうま つぐと)さん現在の身長が183センチで体重が211キロなのに対し、横綱白鵬の身長が192センチで体重が155キロです。

大相撲最高峰の番付にいる横綱白鵬より、身長が10センチぐらい低いのに体重は56キロも多い計算になります。

体重を絞るイコール体重を減らす事なので、一見すると簡単に達成できそうな宣告だと思ってしまいがですが、ここで非常に厄介な条件が加わっています。

それが、『筋肉の鎧をつけて』の部分です。

筋肉の鎧をつけるには、筋力をアップさせなくてはなりません。一般的に脂肪と筋肉を比較すると脂肪が軽くて筋肉が重いとされています。

つまり、脂肪を落としても筋肉が増えると体重が増加するので、体重はあまり変わらないか下手すると増加することも起こります。

幼い頃に出会った時に横綱白鵬からかけられていた言葉は、『おおきいね』だったが今は『痩せなさい』に変わったそうです。

現在、体格改善に励んでいる當眞嗣斗(とうま つぐと)さんは体重160キロから170キロを目指しているそうです。

そのため現在は牛乳も控え、ちゃんこ鍋2〜3杯とご飯1杯で我慢。

自身の怪我予防のため、憧れている横綱白鵬の気持ちに応えるためダイエットを頑張っているそうです。

沖縄県初の横綱誕生の夢に向けて今後も頑張って欲しいですね。

Sponsored Link