スポーツ

炎鵬は結婚して嫁【妻】と子供がいる?性格や名前の由来もチェック!

Pocket

あれれ?舞の海が現役復帰?って思ってしまうほど、体格のいい力士のいる中でひときわ目立っているのが炎鵬関。

体が小柄なので本人もプロとは無縁だと、大学4年の頃には就職活動をしていたというから驚きですね。

今回は、炎鵬が結婚しているのかや、ビビッときた運命の出会いについて記事にしています。

Sponsored Link

炎鵬のプロフィール

氏名:炎鵬 晃(えんほう あきら)

本名:中村 友哉(なかむら ゆうや)

生年月日:1994年10月18日

出身地:石川県金沢市

血液型:AB型

身長:168㎝

体重:99キロ

最終学歴:金沢学院大学卒業

所属部屋:宮城野部屋

予定より1ヶ月早く生まれた時の体重は約2000グラムと小さく未熟児だった為、体が弱く、ぜんそくやアトピーもあったそうです。

そのためすぐには退院できず、しばらく入院していたんですって。

そんな炎鵬の相撲との出会いは、お父様の友人が開いた道場にお兄さんが通い始めた事がきっかけでした。

お兄さんに憧れて自身もすぐに相撲をはじめたかと思いきやまわし姿はダサいし、カッコ悪いからやらない』と見ていただけ…。

クールな幼稚園児が約1年後には相撲の面白さに気が付き、そこからどっぷり相撲の世界へ(笑)

『小学生時代は朝からアイスクリームを食べるほどのアイス好きで、一日に5本のアイスバーを食べていた』

という幼少期のエピソードのから想像するに、わんぱくずもうでよく見かけるような年齢離れした体格を想像してしまいますが、華奢だったんですって。

そんな炎鵬が成長し、金沢市立西南中学時代には石川県代表として出場した全国都道府県中学生相撲選手権大会では団体優勝。

中学校卒業後は、相撲の強豪校で知られる金沢学院東高等学校(現:金沢学院高等学校)に進学します。

高校3年生のときに出場した世界ジュニア相撲選手権大会の軽量級で見事優勝を飾ると、その後進学した金沢学院大学でも数々の輝かしい結果を残しています。

1年時 西日本学生相撲新人選手権大会 優勝
2年時 世界相撲選手権大会 優勝
3年時 世界相撲選手権大会 優勝(2連覇達成)
その他、トータル10のタイトルを獲得しています。

身長168㎝と力士としては小柄なため、プロとは無縁だと思っていた炎鵬は大学4年生になると就職活動をはじめます

そんなときに、人づてに炎鵬の噂を聞いた白鵬関から声をかけられます。

『人生は一度きりだから。仕事は終わってからでもできる。相撲は今しかできない』

この言葉に、ビビッときて背筋が震えたんですって!

まさに運命の出会いだったんですね〜。

ちなみに入門を両親に伝えたところ、公務員になったほうが絶対にいいと大反対されたそうですが、固い決意と伝えると『頑張れ』と送り出してくれそうです。

炎鵬は結婚して嫁【妻】と子供がいる?

炎鵬のお子さんが相撲の大会に出ている画像を発見してしまいました!

幼稚園児ぐらいのお子さんがいるってことは…学生結婚しててすでにパパって事??

と、かなり驚きましたが、画像のカワイイ男の子は相撲をはじめた5歳の頃の炎鵬でした。

いろいろ調べましたが炎鵬が結婚して奥様がいるというような報道はありませんでした。

だって、関取は一般人よりも体が大きいし、人混みにいてもすぐにわかります。

まるみっち
まるみっち
炎鵬は小柄だから人混みに紛れられそう。
まろん
まろん
いやいや、髷があるからバレちゃうよ〜

私も力士が女性と一緒に歩いているところを目撃したことがありますが、一瞬で力士だとわかりました。

バレずにお付き合いするのはある意味、芸能人よりも難しいかもしれませんね(笑)

これだけ人気のある炎鵬ですから、結婚となると多くのマスコミ記事にすると思うんですよね〜。

年下よりも年上の女性が好みだと以前語っていた炎鵬が、どんな女性と結婚するのかとっても気になります。

今後、熱愛や結婚の報道がでた時は速攻で追記していきますね!

Sponsored Link

炎鵬の性格や名前の由来もチェック!

いまさらですが、炎鵬 晃(えんほう あきら)って、いい四股名ですよね〜。

名付けてくれたのは所属している宮城野部屋親方ではなく…。

進路を迷っていた炎鵬に運命を感じさせた男、白鵬関でした。

横綱・白鵬から1文字とって『鵬』と、』は響きのよさから炎鵬なんですって。

白鵬関からは『体が小さいから内から燃やしていけ』とも言われたそうですが、本人曰くあまりしっくりこなかったそうです(笑)

ところで炎鵬は宮城野部屋の所属なのに、四股名を親方ではなく白鵬関が付けた理由について少し気になりませんでしたか?

宮城野部屋に所属しているのですが、白鵬の内弟子という立場になるんです。

内弟子というのは、スクワット要因です(笑)

というのは冗談ですが、将来独立して部屋を持つ事が前提で現役力士がみこんだ入門者を師匠に預かってもらう形を取る弟子のこと。

白鵬関が独立したときに関取に成長している力士がいると部屋の経営がスムーズなんですって。

内弟子になったら関取にならなくてはいけないって暗黙のルールがありそうです(笑)

白鵬関の内弟子といえばこの関取も!

當眞嗣斗【とうまつぐと】が大相撲に入門?白鵬の過酷宣告とは?2019年3月31日放送の『ミライ☆モンスター』に當眞嗣斗(とうま つぐと)さんが出演されます。 今まで自分の体重を測ることができ...

さて、初土俵の際は本名の炎鵬友哉(ゆうや)で出場した炎鵬でしたが、途中で炎鵬晃に変更しています。

もともと炎鵬晃を名乗る予定だったのが、手続きの関係で間に合わなかったそうです。

じつはこの『晃』には特別な思い入れがありました。

地元金沢の相撲少年団に所属していた当時、慕っていた4つ上の先輩が18歳のときに事故で帰らぬ人となってしまう悲しい出来事がありました。

この先輩の名前が晃さん。

晃さんに見せても恥ずかしくないように活躍をするという決意の現れなんですって。

人情に厚く、真面目な性格の持ち主のようですね!

宮城野親方と白鵬関からは110キロまで体重を増やすように言われていて、1回にたくさん食べられないぶん回数を増やしたりして工夫しているそうです。

個人的な好みで言えば今のままが…と思うのですが(笑)

大相撲力士の巨大化が進む中、ひときわ小さな体で土俵を沸かせる炎鵬から目が離せませんね!

これからの、さらなる活躍を期待しています。

Sponsored Link