タレント

ニコラス・エドワーズは【オネエ】ってマジ?年収と来日理由がヤバイ?

Pocket

訛りのない完璧な日本語をはなす、イケメン外国人ニコラス・エドワーズさん。

あまりにも流暢すぎて、ラジオから流れてくる声は日本人と区別が付きません(笑)

2011年に放送された『のど自慢HTEワールド』第1回大会に出演し、美しすぎる18歳というキャッチフレーズでテレビデビュー。

翌年の第2回大会では見事、優勝を勝ち取りました!

この頃から、『世界一日本語の歌がうまい外国人』として注目を集めはじめます。

今回は日本人より日本を愛するニコラス・エドワーズさんについて紹介したいと思います。

Sponsored Link

ニコラス・エドワーズのプロフィール

氏名:Nicholas Edwards(ニコラス・エドワーズ)

生年月日:1992年7月31日

身長:186センチ

特技:乗馬/日本語能力検定1級

出身地:アメリカオレゴン州ヒルスボロ市

所属事務所:ロハスプロダクション

父親がギタリストで小さな頃からギターに合わせて歌ったり、曲を作ったりと音楽が好きになる環境で育ったニコラス・エドワーズさん。

小さな頃はキッズモデルも務めていたんですって!

これだけイケメンなので、小さい時も可愛かったでしょうね〜。

早稲田大学やNYの大学へも進学出来るほどの成績でしたが、日本で歌手になることを夢見て高校卒業後の2010年に来日します。

ツテもない中、飛び込みでいろいろな事務所を訪れていたんですって!

その頃は、頭を下げて歌を聞いていてもらう日々を過ごしたそうです。

幸いにも応援してくれる事務所が見つかり、正式に歌手として活動できることになりました。

その翌年の2011年には『のど自慢HTEワールド』にでテレビデビューを果たします。

このデビューは、YouTubeに投稿した動画がきっかけだったとか!

日本語を習い始めた高校生の頃、日本語の勉強になると思い日本語で歌った日本の曲を投稿していたんですって。

それをたまたま日テレで演出をしている人の目に止まり、テレビデビューに繋がったというから驚きです!

ちなみに、このYouTube投稿はもう見ることが出来ないんですって。

残念ですね〜。

初々しい日本語で歌っている、高校生のニコラス・エドワーズさん見てみたかったですね。

全18回開催された『のど自慢HTEワールド』にはトータルで16回出場。

その内、3度優勝するというすばらしい結果を残しているんですよ。

2013年には大手レコード会社ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューすることに!

でも、その頃はまだ日本語での意思の疎通がうまく出来ず…。

作品作りの方向性に違いが出てしまったとか…。

そのためもう一度インディーズに戻り、しばらく自分の音楽一筋に過ごしたそうです。

2016年には『Freeze』で再びメジャーデビュー。

2019年には最新曲『うわノそら』をリリースすると、オリコンチャートで自身最高の29位を獲得しました!!

歌手活動意外にもテレビCM、カードファイト!! ヴァンガード『正体はガイコクジン編』に出演し、DAIGOさんと共演するなど活躍の幅が広がってしています!→動画はコチラ

 ニコラス・エドワーズにオネエ疑惑?

ニコラス・エドワーズさん美しすぎてイケメンで肌もきれいで羨ましい限りです。

だから、逆に完璧すぎてオネエ疑惑が出ちゃいました。

だってね、美意識が高すぎるんですよ〜。

  • 普段からメイクポーチを持ち歩いている。
  • 日本人とアメリカ人のメイクの違いを説明できる。
  • 自分の肌に合った保湿ケアをわきまえている。
  • 肌のためには睡眠時間が大切という女子なら誰もがしっている事を実践している。
  • 春・夏・秋・冬で香水の香りを使い分けている。
  • シャンプーの香りも大切と言い切っている。

こんな男子います?

そして、極めつけがスイーツ大好!!

しかも、ブラウニーやカップケーキを自ら作るらしいんです…。

チョット女子力が高すぎませんか?

確実に私よりも高いです(笑)


今までテレビに出演した映像を見る限りでは、オネエっぽいなって感じた事なかったです。

ただちょっとナルっぽいなとは思っていました。(笑)

なので、今回改めてニコラス・エドワーズさんの事を調べてみて、はじめて美意識が高い人なんだと知った程です。

インタビューなどでも女の子の事も語っており、オネエではないと思われます。

今後もしカミングアウトする事があれば追記したいと思います。

Sponsored Link

ニコラス・エドワーズの年収と来日理由がヤバイ?

2006年に地元にあるグレンコー高等学校に入学したニコラス・エドワーズさん。

そしてここで初めて日本語に出会うことになるんですよ!

スペイン語・フランス語・ドイツ語・日本語の外国語の中からどれを選ぶか迷っていた時、先生に言われた一言に腹を立てたのが始まりでした。

『どれにしても、堪能に奴なんて皆無だし適当に選べば?』

この言葉に触発された若き日のニコラス・エドワーズさんは、あえて難易度の高い日本語をチョイスする事にしたんですって!

先生なのに…無責任な発言すぎてヤバイですね(笑)

しかしこの衝撃的な経験が、来日する理由に繋がるなんて運命的ですね〜

高2の夏には短期留学で初めて日本を訪れます。

その時に出会った日本の音楽に大きな刺激を受けたニコラス・エドワーズさん。

将来は日本で歌手になることを夢見るようになったと語っています。


3ヶ月の留学期間が終わりアメリカに帰国後は、日本語の猛勉強をはじめます。

でも、無理やり勉強せられたわけではないので、努力したといった感覚はなかったと言うから驚きです!

あまりにも勉強に熱中しすぎて、気がつけば夜中の3時なんてこともあったと語っていました。

そのかいあって、高校卒業前に参加した日本語スピーチコンテストでは見事1位を獲得しています。

すごいですね〜。

そして、さらにビックリしたことが!

なんと高校を卒業した翌日、日本へ旅立ったんですって。

けっこう行動力もあるんです〜。

その翌年には『のど自慢HTEワールド』に出演しイケメン歌上手外国人として日本人にも強烈なインパクトを与えましたね!

日本に来てから今年で9年。

テレビデビューのきっかけになった歌番組も終了してしまい、テレビで見かけることは少なくなってしまいました。

でも、2019年5月からは日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSCラジオ)」でニコラス・エドワーズのグイラジが開始になりました!


きっと、年収もどんどん増えているのでは?

もっと多くの人に知ってもらえるように、バラエティ番組などへの出演が増えればな〜。

イケメンのニコラス・エドワーズさんファンがもっと増えると思いませんか?

ニコラスエドワーズの愛用コスメ【化粧品】テカリ防止メイクに驚愕?ニコラス・エドワーズ(愛称ニック) 美肌を作るために普段からニックが気をつけていることがあるんですって! それは、みんな出来...
Sponsored Link