結婚作詞離婚作曲

キムボヨン現在結婚して夫【旦那】はいる?スキャンダルと出演作品も!

とってもお美しいキムボヨンさんは、2人のお子さんのママとう衝撃の事実も判明!

夫となった人はどんな人物なのでしょうか?

今回は、その他にもキムボヨンさんのスキャンダルや出演作品についても紹介しています。

Sponsored Link

キムボヨンのプロフィール

氏名:キム・ボヨン

生年月日:1956年12月31日

身長:160㎝

キムボヨンという名前は芸名で、本名はキムユンジュですが2007年まではキムボクスンという本名でした。

旧本名のボクスンというお名前は田舎っぽい印象を与えるので、キムボヨンさんはあえて公表していなかったんですって(^^)

しかもキムボヨンさんが生まれて数日の頃、偶然家の前を通った僧侶に『ボクスンという名前だと5年以内に死亡するので名前を変えるように』と言われた名前でもあります。

そんなキムボヨンさんは、安養芸術高校の演劇映画科に進学し歌手になることを夢見ていました。

しかし高校2年生の時、当時の校長先生の推薦で映画『愛情の花咲く季節』に主人公の妹役で出演することに(^^)

その後1976年に映画『母と息子』で正式に俳優デビュー。

20代の頃は映画やドラマで様々な配役を演じ一気に知名度が上昇しました。

俳優と並行して行っていたタレント活動中に幼い頃からの夢を叶えるチャンスにめぐり逢う事に!

番組の中でキムボヨンさんが歌うシーンを目にしたレコード会社より、歌手デビューのオファーが舞い込んだのです。

その後『思春期』をリリースすると、歌謡曲チャートで5週間に渡り1位を取得。

1983年にはソウル国際歌謡祭で金賞を受賞しています。

タレントとして出演した番組内では、アメリカ留学生から公開プロポーズを受けるハプニングに見舞われました。

当時の人気の高さが伺えるエピソードです(^^)

一方でこの様なハプニングだけでなく、キムボヨンさんを苦しめた噂もありました。

1981年半ばに発生した『キムボヨン・スキャンダル』は、当時のキムボヨンさんとWシアターレストランオーナーの男性の関係が噂に。

キムボヨンさんの姉がアメリカに行く時、この男性が力になってれたという情報が出てしまい事態はさらに大きくなってしまいました。

この件でキムボヨンさんは食べたら吐いて睡眠も出来ないような苦しい日々を送ったと語っています。

キムボヨン現在結婚して夫【旦那】はいる?

ありもしない噂で苦しい日々を送ったキムボヨンさんですが、その後更に苦しめられる事態に(>_<)

なんと韓国財閥会長との間に娘と息子を産んだという噂が!!

実際には、噂の相手となった財閥会長とはお茶も飲んだことが無いほどだったんですって。

このスキャンダルによってキムボヨンさんは、引退覚悟でアメリカ留学。

現地の学校では韓国人はキムボヨンさん一人だけで、とても寂しい時間を過ごしたと言います。

しかしこのアメリカ留学が、噂の信憑性を高めるという皮肉な結果にも^^;

この一連の噂についてキムボヨンさんは、主演女優賞や歌謡祭で金賞を受賞するなど賞を取りながら有名になることでスポンサーの存在を憶測されたのではと推測しています。

また、噂が鎮火しなかった原因については『真実ではないのだから、逃げずに活動を続ければ良かった』と語っています。

1年6ヶ月の留学生活を経て1987年に韓国芸能界に復帰。

1988年にはルイジアナ州立大学で遺伝子工学を学んだ男性と結婚し二人の娘さんにも恵まれます。

しかし芸能界復帰したいキムボヨンさんと反対する夫との間で亀裂が生じ、その後シングルマザーとして二人のお子さんを育てました。

1997年には芸能活動を休業し、子供の教育のため再び渡米しました。

幼い子どもたちをアメリカに残し、2001年に芸能活動に復帰。

ドラマ『聖女と魔女』で共演した9歳年下の俳優チョンミノンさんと2004年に再婚します。

誰もだ羨む夫婦でしたが、夫チョンミノンさんの事業が失敗しお互いに大きな傷を負うことに。

これ以上財政的な負担をかけないようにと2012年に離婚しています。

お美しいキムボヨンさんですが、現在は結婚しておらず女優として初の悪役に挑戦するなど活躍の幅を広げています。

Sponsored Link

キムボヨンの出演ドラマ紹介!

【2016年】
ショッピング王ルイ

生活能力0だが子犬のような笑顔が魅力的な財閥の御曹司が、記憶喪失になったことでド田舎の出身の純粋なと同居することに。

1部屋しかない家で2人の間にあるのはカーテン1枚という距離感にドキドキ&ソワソワが止まりません(^^)

【2018年】
ミスティ

【2020年】
風と雲と雨

【2021年】
結婚作詞離婚作曲

☆ 最新韓国ドラマ ☆