バチェロレッテ

【バチェロレッテ】杉田陽平の両親と年収は?出身高校や大学についても!

Pocket

バチェラーの男女逆転バージョン『バチェロレッテ』いよいよ日本でも放送!

初代のバチェロレッテには自他ともにお嬢様と認める福田萌子さん。

そんな福田萌子さんを奪い合う17名の男性はどの方も個性派ばかりです(^^)

女性の嫉妬はある程度想像がつきますが、男性の嫉妬ってどんな感じになるのか放送が待ち遠しいです。

今回は、画家の杉田陽平さんの出身高校や大学、年収について記事にしています。

Sponsored Link

【バチェロレッテ】杉田陽平のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉田陽平(@sugitayoheiart)がシェアした投稿

氏名:杉田陽平(すぎた ようへい)

生年月日:1983年10月28日

血液型:B型

出身:三重県津市

杉田陽平さんの優しい口調とのんびりと穏やかな雰囲気は、バチェロレッテの男性参加メンバーの中でオアシス的存在(^^)

そんな杉田陽平さんが育ったのは、比較的穏やかな気候で過ごしやすい土地柄の三重県津市でした。

小さな頃は珍しい虫を捕まえたり、模型を作ったり、釣りやルアーを作るのが大好きな子供で、現在の職業にもつながる絵は、好きなものの1つといった感じだったんですって。

どこにでもいそうな少年のイメージそのものですが、絵のレベルが同級生と比べても飛び抜けてたんです!

杉田陽平さんが通っていた小学校では毎年写生大会が開催されていたのですが、写生大会の1週間前後はヒーローになれるほど。

あまりの絵の上手さに、先生たちの間でも杉田陽平さんは将来的に画家になるのではないかと噂するほどでした。

しかもその噂話が、本人の耳にも聞こえてくるほどだったんですって(^^)

【バチェロレッテ】杉田陽平の両親や出身高校と大学は?

杉田陽平さんが美術の道に進むきっかけとなったのは両親の提案が関係しています(^^)

ご両親の提案もあり、高校は出身地の三重県津市のお隣鈴鹿市にある三重県立飯野高等学校応用デザイン学科に進学します。

高校では恩師との出会いや仲間と出会いモノづくりの姿勢を学んだんですって。

杉田陽平さんが進学したのは芸術系の学科なので一般的な高校とは少し違いました。

どんな高校だったんでしょうか?

公立高校の筆記試験では国語・数学・理科・社会・英語の5教科で考査が行われることが多いですが、筆記試験は国語と英語の2教科のみ。

その代わり、鉛筆のデッサンと個人面接が行われます。

応用デザイン科に入学後すると、1年生の時は全員が美術とデザインの基礎を学び、2年生になるとビジュアルデザイン・服飾デザイン・美術(油彩画 日本画 彫刻)コースにわかれ、3年生はより専門性を追求たカリキュラムを受けることができるんですって。

杉田陽平さんは少しでも上達したくて毎日遅くまで残ってデッサン室に残り、通学電車の中では画集やテキストを眺めながら過ごしていたそうです(^^)

2002年に高校を卒業した杉田陽平さんは、美術予備校の新宿美術学院に進学します。

まるみっち
まるみっち
高校でデザインを勉強していても芸大に入学するのは難しいものなんだね〜。

高校卒業から2年後の2004年に武蔵野美術大学造形学部油絵科に入学します。

1年生の時に初出品したトーキョーワンダーウォールで入選。

この時の杉田陽平さんは『自分の腕を試すと同時に、ギャラリーの目にとまればPRにもなる』という心境だったんですって。

そんな思惑通り、作品を見たギャラリーの企画グループ展に誘われた事がきっかけとなりその後、数々の作品を発表します。

大学入学してすぐに才能を評価され、アート界の革命児と呼ばれる杉田陽平さんを育てたのはどんなご両親なんでしょうか。

気になりますね(^^)

たとえば、お父様が陶芸家でお母様が芸術科なんてことも考えられたので調査してみたのですが発見することが出来ませんでした(>_<)

杉田陽平さんからご家族について語られる機会はあまりなく、こちらに関しては情報が分かり次第こちらに追記していきますm(_ _)m

バチェロレッテ黄皓【コウコウ】年収や会社は?バチェラーとTV出演?バチェラーの男女逆転バージョン『バチェロレッテ』がいよいよ日本でも放送! 初代のバチェロレッテには自他ともにお嬢様と認める福田萌子...
Sponsored Link

【バチェロレッテ】杉田陽平の年収と作品紹介!

アート界の革命児という異名をもつだけあって杉田陽平さんの作品は独特です。

美術の知識がまったくない状態の人が見れば、アクリル絵の具をただ流しだだけ?

な〜んて思ってしまうかもしれませんが^^;

形や色の組み合わせなど、熟考に熟考を重ねて作品は完成するんですって。

まるみっち
まるみっち
いろいろな色が混ざり合ってるのに、ごちゃごちゃしてないって不思議〜。 
まろん
まろん
ず〜っと見ていられるよね。

正直言って、アートって一般人にとってあまり接点のない世界ですよね。

驚くほど高価かと思えば意外と安価だったりします^^;

杉田陽平さんの場合『高い作品だと100万円で購入され、年間で100点ぐらいは売れる』とご自身が語っていました。

そこで、杉田陽平さんの作品を調べたところ価格は8万円台〜と言うことがわかりました。

作品によってお値段に差がありますが、こちら作品のお値段は331,980円でした。

仮に8万円の作品が100点売れたとして、800万円になりますから^^;

年収は1,000万円を軽く超えると予想しています。

バチェロレッテの福田萌子さんはスポーツトラベラーとして世界中を飛び回る生活を送っていますが、海外に滞在中はその土地の芸術や歴史的建造物を見て回るのを楽しみにしています。

好きな画家と聞かれてすらすら〜っと画家の名前が出てくるぐらいなので芸術もお好きなんだってことが分かります。

もしかすると杉田陽平さんのキャッチコピー通り、アートで福田萌子さんの愛を奪い取っちゃうんじゃないでしょうか(^^)

杉田陽平さんは主張は抑えめですが好印象を残しそうな予感がします。

バチェロレッテでの活躍がたのしみですね(^^)

Sponsored Link