芸人

瀧川鯉斗は結婚して嫁【妻】や子供はいる?若い頃のヤバイ画像はある?

Pocket

令和初の真打ちに昇進した瀧川鯉斗さん。

若い頃はヤンチャしていたそうですが、現在はイケメン落語家としてTVなどへの出演も増えてきました。

今回は、瀧川鯉斗さんが結婚してお子さんがいるのかや、ヤンチャなころの画像について記事にしています。

Sponsored Link

瀧川鯉斗のプロフィール

氏名:瀧川 鯉斗(たきがわ こいと)

本名:小口 直也(こぐち なおや)

生年月日:1984年1月25日

血液型:O型

出身地:愛知県名古屋市

趣味:サーフィン

特技:料理

父親の転勤に伴い、小学校3年生のときに愛知県名古屋市に移り住んだ瀧川鯉斗さん。

スポーツ万能の少年は、野球のリトルリーグやサッカーのクラブチームにも入っていそうです。

その中でもサッカーで才能を発揮し、中学生の時は愛知県代表にも選ばれたという実力の持ち主

ちなみにポジションはキーパーだったそうです。

この頃は、絶対にサッカー選手になりたいって思っていたんですって!

通っていた中学から県代表に選ばれたのは瀧川鯉斗さんただ1人だったこともあり、高校はサッカー推薦でいけるかな?

と思っていたのですが、先生からは厳しい言葉をかけられてしまいます。

『お前のような授業態度が悪い奴に推薦が出せる訳がないだろう』

昼間はサッカーに明け暮れていたのですが、夜は夜でやんちゃな人たちの集会に参加していため…。

中学校の先生からは色眼鏡でみられていたのか?

と思いましたが、学校の先生との仲は良好だったみたいですよ。

関西で言うところの『ツッコミ』みたいな感じのニュアンスだったのかも?(笑)

とはいえ、推薦はもらえず…。

残念なことに、志望校にも落ち…。

入学した高校は、いわゆる地元の悪が行く高校でした。

イケメンで高身長の瀧川鯉斗さんが目立たないわけがありませんね〜。

その日のうちに先輩方と一騒動おこし、高校を退学することに…。

サーフボードのリペア工場で働きながら、夜はやんちゃな集会に参加して名古屋市内をブンブンとバイクを走らせていたようです。

17歳の頃に『ずっとこの生活をしているわけにはいかないな〜』と気が付いた瀧川鯉斗さん。

役者を目指し上京を決意します。


バイトをしていたお店で年では年に2回、落語会が開催されていたんですって。

オーナーの勧めで寄席を見ることにしたのですが、そこで衝撃を受けることに!

『30分もの間1人で演じ続け、スポットライトを浴びる仕事なんて他にないんじゃない?』『すいごい!!』

その日のうちに弟子入りを志願しました。

落語が面白かった訳ではなく、30分の主役の座がまぶしく映ったんですかね〜?

その後、師匠のすすめで寄席に通うようになり、落語の面白さに気付いたようなので安心してください(笑)

約1年間の前座見習い生活を経た2005年の春、落語家『瀧川鯉斗』が誕生しました。

ちなみに弟子入りした師匠は、瀧川鯉昇さんです。

前座見習い…落語協会へは未登録の状態で、師匠の付き人期間

前座…寄席に出演し経験を重ねながら、会場運営もこなす。毎日寄せに通い(期間は約4年)

二つ目…着物も着流しから紋付き袴に変化。見た目は一人前の落語家(期間は約10年)

真打ち…寄席の一番最後に出る資格がある落語家。弟子を取ることもできるが、ここからがスタートだとも言われる。

瀧川鯉斗は結婚して嫁や子供はいる?

『落語会きってのイケメン』が代名詞になったいた瀧川鯉斗さんですが、令和元年5月に真打ちに昇進しました。

  1. 元ヤンチャな会のリーダー
  2. 落語会きってのイケメン
  3. 令和初の真打ち昇進

これで肩書が3つに増えました。

そんな、瀧川鯉斗さんが好きな女性のタイプについてこんな風に語っていましたよ〜。

優しいけどある程度は気が強く、ダメだと思ったら『NO』といってくれるような子で、優しさ8割・気の強さ2割みたいな女性が好み。

基本的には中身が大事だけど、『国仲涼子さん』『川口春奈さん』『モデルの筧美和子さん』など外見が小動物的な感じの人が好きなんですって。

この条件をクリアして結婚した相手はどんな人なのでしょう。

2015年には外科医の女性とのお付き合いが噂なっていましたが、この女性と結婚されたのでしょうか?

お子さんの画像発見しちゃった〜。

と思ったのですが、甥っ子さんの画像でした。

どうやら現在はまだ、ご結婚はまだされていないようですね。

瀧川鯉斗さんと結婚するのは、なかなかハードルが高く大変そうです(笑)

なぜなら、女性のタイプ意外にも細かな条件が…。

恋愛と結婚は同じものと考えている瀧川鯉斗さんは、お付き合い中であっても結婚しても『親しき中にも礼儀あり』って感覚は大切だと語っています。

付き合いがだんだん長くなってくると、慣れというか…。

最初は気をつけていた部分も適当になってきちゃったりしますよね〜。

Sponsored Link

瀧川鯉斗の若い頃の画像はある?

名古屋の『天白スペクター』というブンブンバイクを走らす会の12代目総長を務めた瀧川鯉斗さん。

総長として認められるためには、バイクの運転テクニックと集会への参加度、気合、フカシが上手いかどうかなどが重視されるそうですよ。

17歳の頃の瀧川鯉斗さんの画像を見てみたいと思い探しました。

しかし、仕事への影響もあるのかヤンチャな頃の画像は公表していないみたいです。

いつもオシャレな服装なのですが、たま〜にヤンチャな頃の名残がヒョッコリ顔を出してますよ(笑)

このシャツをサラッと着こなしている瀧川鯉斗さんがスゴいと思いませんか?

真打ちに昇進するとお弟子さんを取ることも許されるそうですが、瀧川鯉斗さんのところにはどんなお弟子さんが訪ねてくるんでしょうね。

その時はまた、ヤンチャな頃のと画像と合わせて追記したいと思います。

Sponsored Link