俳優・女優

矢野聖人の演技の評判は上手い下手どっち?元ジャニーズでかっこいい!

Pocket

NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』で土岐頼純役を演じた矢野聖人さん。

俳優デビューする前にジャニーズJrとして活動していたんですって!

今回は、矢野聖人さんデビューのきっかけや演技の評判について記事にしています。

Sponsored Link

矢野聖人のプロフィール

氏名:矢野 聖人(やの まさと)

本名:三浦 聖人(みうら まさと)

生年月日:1991年12月16日

血液型:B型

身長:174cm

出身地:東京都東久留米市

趣味:ダーツ・ダンス

所属事務所:ホリプロ

高校在学中から雑誌の読者モデルとして活躍していた矢野聖人さん。

ジャニーズJrとして活動していた時期もあったんですよ〜。

その時は現在の矢野姓ではなく、本名の三浦聖人の名前で活動していました。

しかしジャニーズ時代は特に目立った活動はなく約2年で退所しています。

高校を卒業すると飲食店でアルバイトをして過ごします。

そんな時、読者モデルの活躍を見た現在所属しているホリプロの方の勧めでオーディションを受けることに。

そのオーディションこそがデビューのきっかけとなった『ホリプロ50周年身毒丸オーディション』でした。

見事主役の座を射止め、俳優デビューを果たします。

2010年7月〜9月に放送された天海祐希さん主演のGOLDでドラマデビューを果たします。

矢野聖人デビューのきっかけは?

『ホリプロ50周年身毒丸オーディション』がきっかけで役者として芸能界デビューを果たした矢野聖人さん。

ところで…。

『身毒丸』とは何なのでしょうか?

毒がついているので怖いイメージがありますね〜。

身毒丸は蜷川幸雄さん演出による舞台なんです(^^)

95年には武田真治さんが主演を務め、センセーショナルな内容が話題を集めました。

97年には一般公募で選ばれた藤原竜也さんが身毒丸の主演を務めています。

当時、演劇に興味があまりなかった矢野聖人さんは、蜷川幸雄さんにお会いするまで存在を知らなかった程です(笑)

そんな演技経験のなかった矢野聖人さん。

変に真似してしまうのは良くないと考え、先輩である武田真治さんや藤原達也さんの演技はチェックしなかったと語っています。

頭の中では蜷川幸雄さんに注意された事を受け止めて、頭の中は常にセリフがループしている状態だったんですって。

Sponsored Link

矢野聖人の演技は上手い下手どっち?元ジャニーズでかっこいい!

ジャニーズJrを経て、身毒丸で役者デビューした矢野聖人さん。

今までどんな作品に出演していたのかご紹介したいと思います!

【テレビ】
2019年 ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜 悠木倫 役
2019年 メゾン・ド・ポリス 第3話 瀬戸俊樹 役
2018年 真也のダメ恋図鑑 第1話 桐谷 役
2018年 デイジー・ラック 桐谷 役
2018年 相棒シーズン16 第13話・14話 常盤臣吾 役

【映画】
2019年 HiGH&LOW THE WORST 前川新太 役
2019年 引っ越し大名 戸田采女 役
2018年 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 城之内充 役
2018年 ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでる 主演・鯨井太一 役
2016年 闇金ウシジマくんPart3 獏木 役

出演作品がとても多くて^^;

直近の出演作品だけをピックアップさせていただきました!


実は、舞台・身毒丸終了後出演したテレビドラマGOLD出演時は、あまり演技の評判がよくなかったんです。

というのも、演技を初めて行ったのが舞台だっため少々オーバーリアクションだったんですって。

演技が下手ではなく、テレビの画面で観るには違和感があったってことだと思います(^^)

ご覧いただいたと思いますが、演技の評判はとてもいいんです。

皆さんの声に下手なんて言葉が見つからないぐらい、矢野聖人さんの演技の評価が高いんですよ!

これからどんな演技を見せてくれるのかを楽しみに、矢野聖人さんを応援していきたいと思います。

これからますますのご活躍期待しています〜\(^o^)/

Sponsored Link