テセウスの船

【テセウスの船】共犯者の黒幕は鈴?原作漫画との違いも比較して考察!

Pocket

2020年1月から毎週日曜日の夜9時から放送の日曜劇場『テセウスの船』ストーリーはいよいよ佳境に。

犯人は加藤みきおと判明しましたが 、犯行は一人でおこなったのではなく共犯者の存在が明らかに!

今回は、加藤みきおの共犯者を考察した内容になっています。

【テセウスの船】9話見逃し動画を無料視聴する方法!さらに楽しむ方法も!2020年3月15日(日)よる9時に放送されたテセウスの船9話の動画を無料で視聴する方法を紹介します。 この記事の...
Sponsored Link

【テセウスの船】共犯者の黒幕がいる?

テセウスの船が最終回に近づいてききましたね!

原作コミックの作者である東元俊哉さんから衝撃の事実が発表になりテセウスの船ファンを驚かせました。

ドラマ版テセウスの船の犯人は原作とは違う

番組を盛り上げるためのフェイクなのかもしれない!

一瞬頭をよぎりましたが、どうやら本当に共犯者がいるみたいなんでうす。

テセウスの船のプロデューサーのワタナベリョウスケさんもツイッター上で『このままでは終わらない』と発言しています。

原作者の東元俊哉さんだけでなくプロデューサーさんからも情報が発信されたと言うことは、聞き間違えフェイク情報って可能性はなくなりました。

一体誰が共犯者なんでしょうか?

共犯者がだれなのか気になっている世間の声はとても多いんですよ〜(^^)

【テセウスの船】共犯者の黒幕の予想は?

あなたは誰が加藤みきおの共犯者だと予想していますか?

テセウスの船キャストの中で、共犯者の可能性がある人物をピックアップしてみました。

【共犯者の可能性がある人物リスト】

  • 佐野和子(榮倉奈々)
  • 佐野鈴(田村鈴)
  • 佐々木紀子(芦名星)
  • 田中正志(霜降り明星せいや)
  • 徳本卓也(今野浩喜)
  • 石坂英夫(笹野高史)
  • 井沢健次(六平直政)

佐野文吾の妻・佐野和子と佐野鈴の可能性はかなり低いと思うのですが、100%ないとも言い切れないので共犯者リストにいれました。

次に加藤みきおですが、すでにドラマの中で犯人だと言うことがネタバレしているので共犯者リストから省いています。

そして、判断が難しかったのが大人の加藤みきお(安藤政信)です。

熟考しましたが、大人の加藤みき=加藤みきおということで同一人物と判断し、あえて犯人予想から外しています。

つまり、共犯者は『この中にいる人物の誰か』だといい切っても良いのではないでしょうか。

世間の皆さんの予想も参考にしてみたいと思います。

はやり世間の皆さんの予想も今回作成した共犯者予想リストに上がっている人物でしたね〜。

気になったのは、笹野高史さん演じる校長先生が共犯者じゃないか?

という声です。

笹野高史さんほどの俳優さんが校長先生役ほどのちょい役をしなくてもと疑問に感じています。

もし校長先生が共犯者だったら、現役警察官の犯行として世間を震撼させた佐野文吾と並ぶほど世間に衝撃を与えるでしょうね。

あなたの予想した共犯者とおなじ意見の声はありましたか?

私と共犯者予想は一番最後の声と同じです。

共犯者は鈴

ここからは、なぜ鈴を共犯者と予想したかを原作との違いから考察してきます。

原作の最終回結末を知りたい方はこちらの記事から!

テセウスの船原作【最終回】10巻結末ネタバレ!衝撃的な犯行理由が明かされる!東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...
Sponsored Link

【テセウスの船】共犯者の黒幕は鈴?原作漫画との違いも比較して考察!

原作があるドラマの場合、原作のストーリ展開を忠実に再現しているドラマもあればオリジナルストーリーに変えてしまうドラマ作品もあります。

テセウスの船の場合はどうでしょうか?

原作コミックで音臼村が存在するのは北海道でしたが、ドラマ版テセウスの船では宮城県に変更されています。

原作コミックでは、校長先生や村人に名前は割り振られておらず

  • 徳本卓也(今野浩喜)
  • 石坂英夫(笹野高史)
  • 井沢健次(六平直政)

はドラマ版であらたに付けられた名前です。

そして、一番大きな違いは原作コミックではカセットテープに録音していた犯行記録でうが、ドラマ版テセウスの船ではワープロ入力に変更していました。

これに関しては声で犯人が解ってしまうため苦肉の策だったのでしょう。

カセットテープからワープロに変更したからと言ってストーリーに大きな影響がでるものでもなく許容範囲ですね(^^)

このように、若干の変更点はありますが原作に忠実に再現されていて原作ファンが視聴しても違和感がないと評判でした。

原作コミックを無料で読む方法はこちら

ところが、原作と決定的に違った点が1つだけありました。

思い出してほしいのは明音ちゃん失踪事件です。

原作では音臼岳の山小屋に監禁した長谷川翼にいたずらをされた後に加藤みきおに毒物を飲まされます。

2回めの犯行だったことも有り、予想に反して明美は苦しみ始めます。

明音の体重に対して毒物の量が少なかったのが原因でした。

焦った加藤みきおは自らの手で明音の首を絞め、窒息させ命を奪ったのです。

加藤みきおが明音の命を奪った事に心を痛めた長谷川翼は自らを責め、明音の後を追うように毒物を服用し命を絶ちました。

長谷川翼と明音が発見されたのは雪の上でした。

ドラマとストーリーが違う部分がある事にお気づきではないでしょうか。

ドラマ版テセウスの船の失踪事件で命を落としたのは長谷川翼だけで、明音は運良く助けられ一命を取り留めています。

このシーンが放送された時は、違いに気がついたものの子供が命を失うのは残酷だからかな〜。

ぐらいにしか感じていなかったのですが、共犯者がいるという発表があってからは見方が変わってきました。

明音ちゃん失踪シーンの前も後も原作を忠実に再現していたにも関わらずここだけが原作と大きく違うんです。

なんらかの理由が有るとしか考えられません(>_<)

考察:明音を生き残らせる理由があった?

そしてもう1つの違和感は田村心との再会シーンです。

鈴は整形をして顔別人になっていましたが、子供の頃と比べると性格もかなり変化しています。

大事件を起こした犯人の家族として世間のバッシングを浴びたから性格が変わってしまった可能性もありますが、かなり違和感がありました。

本当は鈴じゃないのではないか?

つまり、加藤みきおの共犯者は鈴の可能性です。

加藤みきおが主犯で有ることは間違い有りませんが、共犯者は大人の可能性が高いです。

佐野心が2回めにタイムスリップした際、実は鈴も物陰に隠れていたんです。

そして、佐野心がタイムスリップしたタイミングで大人の鈴も平成元年にタイムスリップしたのではないでしょうか?

加藤みきおが1番大好きな鈴が大人になって未来からやってきたら鈴のことを信頼しちゃいますよね。

ただ、鈴が父親を犯人におとしめる理由は思いつきません。

そこで思い出してほしいのが『明音』の存在です。

明音は何らかの理由で鈴と入れ替わり、バレないように整形。

家族にも嘘をつき鈴として生きているのではないでしょうか。

原作を忠実に再現していたドラマ版テセウスの船が設定を変更してまで明音の命を救った理由の説明が付きます。

最後に先程紹介した皆さんの声(校長先生犯人説)を参考にさせていただくと、貫地谷しほりほどの女優が主人公の姉役だけで終わるはずがない!

このことからテセウスの船の共犯者が鈴だと考察しました。

Sponsored Link