テセウスの船

【テセウスの船】原作7巻ネタバレ感想!真犯人の名前が明かされる?

Pocket

東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^)

加害者の息子という少しハードな役を演じるのが主演の竹内涼真さん。

事件を起こした父親役に鈴木亮平さん、母親に榮倉奈々さんという豪華なキャスト!

テセウスの船の原作漫画7巻のネタバレと感想を紹介します!

Sponsored Link

【テセウスの船】原作7巻ネタバレ感想!佐々木紀子の証言をさぐれ!

テセウスの船6巻ネタバレはコチラ!

【テセウスの船】原作6巻ネタバレ感想!姉の夫は音臼小事件の被害者?東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...

村田藍が佐野鈴であること知った義母の木村さつき。

夫(木村みきお)にバラさない事を条件に協力を求められたのが、佐々木紀子の自宅に同行することでした。

そこで佐々木紀子から思いもよらぬ告白をされます。

音臼小混入事件が起きることを以前から知っていたというのです。

一体、どういうことでしょう??
なぜ佐々木紀子が知っていたのでしょう??

事の発端は、1989年に三島医院の娘・三島千夏ちゃんが自宅倉庫で殺虫剤のパラコートを誤飲し亡くなった事件の後でした。

当時同棲していた新聞配達員の長谷川翼から日常的に暴力を受け、彼の言いなりだった佐々木紀子。

ある日、勤め先の工場から毒物を盗んでくるように指示されます。

それからしばらくして三島医院のもう1人の娘・三島明音ちゃん失踪事件が起こったのです。

家に戻った長谷川翼の口から聞かされたのは、明音ちゃんはもうこの世に存在していない。

さらに、自分は騙された…。

『明音ちゃんを隠しに行ってくる』

心配した佐々木紀子にあるものを手渡します。

それは、音臼岳の小屋の中で悲しみと恐怖で涙を流している明音ちゃんの写真でした。

家を出た長谷川翼は翌日、明音ちゃんと2人遺体で見つかります。

参考人として警察で取り調べを受けた佐々木紀子は、知らぬ存ぜぬを押し通しました。

実際、現場から見つかった毒物の容器は佐々木紀子が長谷川翼に渡した容器とは別の物だったのです。

しかし、この証言だけでは佐野文吾の無実を証明するには弱すぎます

きっと他に重大な証拠を知っているのではないでしょうか?

【テセウスの船】原作7巻ネタバレ感想!写真の人物は誰?

過去の出来事を話し始めた佐々木紀子から、まだ誰も知らない真実が語られました。

金丸刑事が犯人に突き飛ばされた現場を見たと言うのです。

長谷川翼と三島明音ちゃんが亡くなった現場に花を手向けにいった帰り、偶然にも誰かと話している金丸刑事を見かけます。

これから音臼村で起こる事件が書かれているノートを拾ったというのです。

このノートには

  • 千夏ちゃんと明音ちゃん事件
  • 6月24日に起こる音臼小混入事件の犯人
  • 4月6日に毒物が原因で佐々木紀子が命を落とす。

このような事が記載されていると話していました。

現場を確認しようと金丸刑事が崖を覗き込んだ瞬間、後ろから背中を押され谷底に突き落とされたのです。

その光景を見ていた佐々木紀子は怖くなり音臼村を出たと話します。

この出来事を話しても誰も信じてくれない…。

そう考えた佐々木紀子は今までずっと黙っていたのです。

なぜ今回話す気持ちになったのでしょうか?

佐々木紀子は重い病気にかかっており、もう長くは生きられないのです。

残された時間は自分が知っていることを全部話そうと決めたからでした。

金丸刑事を谷底に突き落とした犯人は誰なのでしょうか?

当時、犯人の姿は見えなかったが声には聞き覚えがあると語る佐々木紀子。

犯人とおぼしき人物が写った写真をもっている。

佐野文吾の再審にとてもに有利になる証拠です。

写真を持ってくると佐々木紀子が席を外した瞬間、義母の木村さつきが思わぬ行動に出るのです。

Sponsored Link

【テセウスの船】原作7巻ネタバレ感想!真犯人の名前が明かされる?

義母の木村さつきがカバンの中から取り出したのは容器に入った『お砂糖』

このお砂糖を佐々木紀子の紅茶の中に入れろと言うのです。

しかし、普通に考えてお砂糖の訳がありません。

躊躇する鈴に対し木村さつきは、入れるも入れないもすべて鈴の決断次第と迫ります。

今まで知ることのなかった義母の本性を目の当たりにし、鈴の記憶にあることが蘇りました。

父親の佐野文吾の指示により、音臼小青酸カリ混入事件が起こったお泊り会に参加できなかったあの日。

木村さつきが様子を伺いに訪ねてきました。

そして、お手洗いを借りるために佐野文吾の家の中に入ったのです。

おそらくその時に毒物が入った瓶を家に隠した…??

青酸カリが佐野文吾の家で発見されるように仕組んだのは木村さつき??

木村さつきが父親を陥れた真犯人??

疑う鈴に対し木村さつきは、自分も事件の被害者で今でも後遺症があり犯人ではないと話します。

驚くことに、木村さつきは真犯人を知っていると言うのです。

犯人は想像もしていなかった人物だったのです。

現実を受け入れられず戸惑う鈴。

そして、佐々木紀子が持ってきた写真を見て絶句します!!

真実が明るみになり恐怖を感じた鈴。

裸足のまま家を飛び出し、ショックのあまり気を失ってしまいます。

病院で目覚めた鈴は、赤ちゃんを堕ろして欲しいと泣きながら訴えます…。

お腹の父親、つまり…車椅子の男が犯人なのでしょうか?

しかし当時はまだ小6だったはずです。

一連の犯行を行えるでしょうか?

さて、残された佐々木紀子と義母の木村さつきはその後どうなったのでしょうか?

佐々木紀子が持ってきた写真に映っていたのは、木村さつきと鈴に関係がある人物だと推測できます。

その人物を守るため、木村さつきは佐々木紀子の命を奪うのです。

そして自身の体にも傷を付け偽装を行のです。

犯人は見えてきましたが、疑問に感じる点も多々あります。

事件解決には、まだ明らかになっていない謎が残されていそうです。

テセウスの船第8巻はコチラから!

【テセウスの船】原作8巻ネタバレ感想!過去に行く方法が知りたい!東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...
Sponsored Link