テセウスの船

【テセウスの船】原作6巻ネタバレ感想!姉の夫は音臼小事件の被害者?

Pocket

東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^)

加害者の息子という少しハードな役を演じるのが主演の竹内涼真さん。

事件を起こした父親役に鈴木亮平さん、母親に榮倉奈々さんという豪華なキャスト!

テセウスの船の原作漫画6巻のネタバレと感想を紹介します!

Sponsored Link

【テセウスの船】原作6巻ネタバレ感想!知らなかった真実!

テセウスの船5巻ネタバレはコチラ!

【テセウスの船】原作5巻ネタバレ感想!真相を確かめるためにすべきこと!東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...

一家心中で命を落とした母親と長男が眠るお墓を訪れた鈴と田村心。

姉の口から一家心中に至った経緯が語られます。

父親の佐野文吾が警察に連行されると家には嫌がらせの電話がかかってくるようになりました。

夫が無実であると信じている母親は最初は気丈に振る舞っていましたが、嫌がらせは次第にエスカレートしていきます。

妊婦だった母親を村の病院や助産師は相手にしてくれず、結局自宅で出産しました。

程なくして村を出た一家。

佐野文吾の家族だとバレるたびに嫌がらせを受けたため、子どもたちを守るため離婚し旧姓を名乗ることに。

この頃はまだ父親が無実だと信じていたのです。

しかし、鈴の給食に除草剤を混入され緊急入院するという嫌がらせを受けたことがきっかけで母親の精神状態が崩れてしまいます。

『もう終わりにしよう』

赤ちゃんだった心と長男に睡眠薬を飲ませ、お風呂場で練炭を焚いてみんなで眠ったのです。

しかし途中で目が冷めた鈴

生きなくては!

と思い長男や母親を助けようとしますが重くて運べず心を胸に抱いて風呂場から逃げて助かったのです。

こんなつらい経験から名前も顔も変え、父親と事件のことに関わらないようにしてきた姉の鈴。

でも、妊娠をきっかけに心境の変化が起こり、孫の顔を一度でも見せてあげたいと思うように。

しかし、夫には本当のことを伝えていませんでした。

今の暮らしを守るため、夫に本当のことは伝えられないと話す鈴。

父親の面会に訪れるのも、心と会うのもこれが最後にしたいと…。

つまり2人そろって札幌拘置所に面会に行くは最初で最後です。

そんな複雑な思い出面会に訪れた2人に対し、父親の口から佐々木紀子の名前が語られます。

犯行を否認し続けている佐野文吾の再審に有利な新証拠を持っているというのです。

拘置所を出る希望が出てきたことに喜ぶ父親に対して、姉の鈴と心は手放しでは喜べません。

今まで沈黙を守っていた人物がこのタイミングで証言をする…。

そんなに上手い話があるでしょうか??

【テセウスの船】原作6巻ネタバレ感想!姉の夫は音臼小事件の被害者?

札幌拘置所からの帰り道、偶然にも鈴の夫と義母でに出くわします。

夫の名前は『木村みきお』

木村みきおと義母にどこかで出会ったような記憶が…。

しかし、はっきりとは思い出せません。

用事を思い出したフリをしてその場を離れようとする田村心でしたが、夫のみきおはお土産を渡したいからと引き留め家に上がるように勧めます。

これは親切心からなのでしょうか?
それとも別の意図があるのでしょうか??

電話をかけるために別室に移動した田村心はそこで思わぬ写真を目にします。

28年前の音臼小混入事件が起こる前に撮影されたクラス写真でした。

いつの間にか部屋に現れた木村きみお。

自分が音臼小混入事件の被害者で、事件の後遺症で車椅子で車椅子生活を強いられていること語り始めます。

お泊り会に参加していたメンバーの1人であり、残忍な事件が起こったあの夜に犯人と会話をしたと語ります。

お泊り会の夜に目が冷めたのでトイレに行こうと廊下を歩いていた時、教室から物音が聞こえたので様子をうかがうと…。

そこには保管してあった食材を触る佐野文吾の姿が。

みきお自身も毒物入の牛乳を飲み数日間意識不明の状態に陥りました。

そして奇跡的に命は助かったものの、後遺症で下半身不随になったと語ります。

音臼小混入事件の被害者で、クラス写真に写っている人物…。

つまり『木村みきお』は『加藤みきお』??

では、なぜ名字が変わっているのでしょうか?

当時のクラス担任が音臼小混入事件の後、身寄りのなかったみきおを養子として引き取った為でした。

つまり義母として紹介された女性は、田村心がタイムスリップした時に臨時教員として働いていた小学校の同僚『木村さつき』だったのです!

動揺する田村心と姉の鈴に追い打ちをかけるように、木村みきおは6月24日に旧音臼村で開催される慰霊祭に田村心を招待します。

Sponsored Link

【テセウスの船】原作6巻ネタバレ感想!犯人は1人じゃない?

木村みきおに自分の正体はバレていないはずだと話す鈴に対し、違和感を感じる田村心。

姉の幸せなのだろうか?

姉のためにも父親の無実を証明しなければ!

情報を入手するために記者の由紀に慰霊祭に同行して欲しいと連絡します。

佐々木紀子が新たな証言をしてくれること。
24日の慰霊祭で父親の弁護士と共に会う約束をしていること。
父の無実が証明されるかもしれないこと。

由紀に会った安心感からベラベラ話す田村心。

しかし、その近くで木村みきおの義母(木村さつき)が聞き耳を立てていたのです。

おそらくこの話を聞くまで木村さつきは鈴と村田藍が同一人物であることを知らなかったはずです。

焦った木村さつきは昔のツテを頼りに佐々木紀子の居場所を聞き出し、現在の住居を訪ねます。

この女…佐々木紀子に会って何をするつもりなのでしょうか??

テセウスの船第7巻はコチラから!

【テセウスの船】原作7巻ネタバレ感想!真犯人の名前が明かされる?東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...
Sponsored Link