テセウスの船

【テセウスの船】原作5巻ネタバレ感想!真相を確かめるためにすべきこと!

Pocket

東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^)

加害者の息子という少しハードな役を演じるのが主演の竹内涼真さん。

事件を起こした父親役に鈴木亮平さん、母親に榮倉奈々さんという豪華なキャスト!

テセウスの船の原作漫画5巻のネタバレと感想を紹介します!

Sponsored Link

【テセウスの船】原作5巻ネタバレ感想!真相を確かめる為にすべきこと!

4巻のネタバレはコチラから!

【テセウスの船】原作4巻ネタバレ感想!過去はなにも変わらない?東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...

元市議会議員の老人宅で見つけた不気味な絵と同じ人物が描いたものでは?

犯人は生きていて、自分を監視している…。

『元いた世界』と『現在』は事実が変わっている事をまだ完全には理解できていない田村心。

妻の由紀に危険が及ぶのではないか?

と考え安否の確認に妻が暮らしている実家を訪れます。

しかし、現在において由紀と田村心は赤の他人

不審がった由紀の父親に警察を呼ばれてしまいます。

現在で由紀と田村心に接点はないのでしょうか??

しかし後日、由紀が田村心の家を訪ねてくるのです。

由紀によると、週刊誌の記者として音臼小混入事件とその関連事件を調べており、これまでに何度か札幌拘置所の佐野文吾と手紙のやり取りを行っていました。

そのやり取りの中で出てきた田村心をという人物を探していたと言うのです。

【テセウスの船】原作5巻ネタバレ感想!父との再会!

不気味な絵の消印は『札幌』
佐野文吾が収監されているのは『札幌拘置所』

偶然の共通点なのか?

真相を確かめる為には1989年の事件が起こったあの日に何が起こったかを確かめる必要があります。

そのためには佐野文吾に直接会って聞くしかない…。

28年分年齢を重ねた佐野文吾と1989年に出会った頃と変わらない田村心。

2人は親子として涙の再会を果たします。

田村心が音臼村を去った後に起こった出来事を佐野文吾が語り始めます。

28年前に音臼村から姿を消した田村心。

当時、不可解な事件が続いていただけに何かの事件に巻き込まれたのでは?

と心配した村人達や警察も行方を探したそうですが、足取りはつかめませんでした。

そんな矢先の2月、金丸刑事が崖から転落死帰らぬ人となったのです。

不幸な事件で子供2人を相次いで亡くした三島さんは病院を畳んで音臼村を出ていきました。

佐々木翼の婚約者だった佐々木紀子も村を出て行き、その後の行方は不明です。

田村心から21人が犠牲となる事件の犯人になると伝えられ、どこか怖かった佐野文吾は、妻にしばらくの間村を出るように話したそうです。

小学校にも事件が起こる日のお泊り会を中止できないか?

と提案するも明確な理由がない提案は受け入れて貰えませんでした。

音臼小混入事件が起こるとされていた6月24日は何事もなく過ぎたのです。

安心したのもつかの間。

翌朝、次々と子どもたちが倒れてます。

原因は牛乳に混入していた毒物でした。

事件の警戒から必要以上に小学校に入り込んでいた佐野文吾は疑われ、自宅からは毒物が発見されました。

この毒物は佐々木紀子が務めていたメッキ工場から盗まれたものと同じものだった事が判明しています。

佐々木紀子は事件に関わりがあるのでしょうか??

佐野文吾から事件の詳細を聞いた田村心。

もう一度、音臼小混入事件の詳細を確認することに。

すると…。

被害者の人数は21名のままですが、さつき先生や田村心が受け持っていたクラスの佐藤や藤崎の名前が消えています。

その代わりに下の学年の子供やOBの子たちが新たな犠牲者になっていたのです。

【テセウスの船】木村さつき先生は犯人?犯行の動機をネタバレ!2020年1月から毎週日曜よる9時にTBSの日曜劇場で放送される『テセウスの船』 犯人として逮捕された父親の事件の真相を追う息子が...
Sponsored Link

【テセウスの船】原作5巻ネタバレ感想!再会した姉は別人?

実は、田村心が訪れる少し前に姉の鈴が札幌拘置所の佐野文吾を訪問していました。

妊娠の報告だったと嬉しそうに語る佐野文吾ですが、田村心はその話を聞き嫌な予感が頭をよぎります。

郵送されてきた不気味なイラストに描かれていたのは、お腹の中に赤ちゃんがいる女性と無数の目だったからです。

犯人は自分だけでなく姉の鈴の事も見張っている…。

姉に危険が及ぶかもしれない!!

田村心は姉に会いに行く決心をします。

児童養護施設を飛び出して以降、消息がわからなくなっていた姉と久々の再会。

そんな姉の顔は整形のため別人の様に変わっていました。

佐野文吾の娘だという事がバレるのを恐れ、名前は『村田藍』と名乗っているそうです。

きょうだいの再会を喜んでいたのもつかの間、鈴(村田藍)の携帯に着信が入ります。

飛ぶように帰宅した自宅の中には鈴(村田藍)が同棲している車椅子の男性が待っていました。

どこに行っていたのか?
誰と話していたのか?
一人っ子って言っていたのにきょうだいがいたの?
弟が訪ねてきたならなぜ家に上げなかったのか?
弟は何をしている人?
弟は何歳?
弟は結婚しているの?

答えにくい質問を次々にあびせ、鈴(村田藍)を困らせます。

いままで鈴(村田藍)が語らなかったということは、何らかの事情があると察することも出来るはず。

なのに、なぜ弟についてここまで詳しく聞こうとするのでしょう。

鈴(村田藍)に対し、少し高圧的に話すこの車椅子の男性は一体誰なのでしょうか?

音臼混入事件との関わりはあるのでしょうか??

テセウスの船第6巻はコチラから!

【テセウスの船】原作6巻ネタバレ感想!姉の夫は音臼小事件の被害者?東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...
Sponsored Link