知らなくていいコト

知らなくていいコト【最終回】ネタバレ予想!秘密はケイトを守るため?

Pocket

2020年1月の毎週水曜日よる10時から放送の『知らなくていいコト』

主役を演じるのは出演するドラマがどれも話題作になる吉高由里子さん(^^)

今回は、知らなくいいコトの最終回ネタバレを予測した記事になっています。

Sponsored Link

知らなくていいコト【最終回】ネタバレ予想!原作から推測できる?

主役の吉高由里子さんから始まり、母親役に秋吉久美子さんと父親役に小林薫さん。

彼氏役にジャニーズWESTの重岡大毅さんと、元カレ役に柄本佑さん。

週刊イーストの編集長に佐々木蔵之介さん。

脇役ながら個性が光る山内圭佑さんや本田力さん、小林きなこさん等

知らなくていいコトの出演者が豪華!

勢いのある俳優さんばかりで、誰が主役を演じてもおかしくありません(^^)

そんな『知らなくていいコト』の脚本を担当しているのは大石静さんです。

知らなくていいコトは人気コミックや小説を原作にしたものではなく、大石静さんの完全オリジナル作品です。

そのため、最終回はどのような結末になるのかを知るのは大石静さんのみ(>_<)

原作はない。

脚本はヒットメーカーの大石静さん

最終回の結末はどんな展開になるのかとても気になるところです。

知らなくていいコト【最終回】ネタバレ予想!知らなくていいコトの意味!

ドラマが放送前に解禁されていた情報は

  1.  主役・吉高由紀子さんが演じる職業は週刊誌の記者
  2.  題名『知らなくていいコト』
  3.  脚本は大石静さん
  4.  大石静さんオリジナル脚本

最近はリアリティ系医療ドラマが流行っているから、リアリティ系週刊誌の記者?

共演する俳優陣が演技派なメンバーばかりだったのもプラスされ、主役のケイト(吉高由里子)がスクープ連発。

知らなくていいコトを吉高由里子さんが暴いていくストーリーと予想していたのですが…。

仕事に恋に充実していた日々を過ごしてきたケイトに思いがけないことが降りかかりました。

未婚のままケイトを育てていた母親が、父親はキアヌ・リーブスだと言い残してこの世を去ってしまいます。

息を引き取る直前にそんな冗談を?

ケイト自身も母親の言葉が冗談なのか本当なのか判断できずにいました。

母親の遺品の整理をしていると、キアヌ・リーブスとの2ショット写真を発見し戸惑うケイトでしたが決定的な証拠を発見します。

父親はキアヌ・リーブスではなく、多くの人の命を奪った犯人・乃十阿徹(小林薫)

自分の父親が事件を起こした犯人だと知ってショックを受けますが、犯行理由を自供していない点に興味を持ちます

母親が息を引き取る間際、今まで語らなかった父親の存在を伝えたのは本当の父親・乃十阿徹から目をそらせるため。

ケイトと乃十阿徹を接触させないように大嘘をついたことが逆に興味を持たせるきっかけになってしまったんです。

父親が犯罪者だと言うことだけを隠したかっただけなのでは?

最初は推測しましたが、ストーリーが進むにつれだんだん気付いてきました。

知らなくていコトは、知らないほうがいいコトなんだって。

Sponsored Link

知らなくていいコト【最終回】ネタバレ予想!秘密はケイトを守るため?

ケイトの父親である乃十阿徹が1990年に起こした事件は、卑劣な犯行として世間を驚かせました。

星の里ふるさとキャンプ場に設置させていたウォーターサーバーの中に、毒があるハリヒメソウが混入。

それを知らずに飲んだ人々の内2名が命を落とし、5名が意識不明の重体、3名が重い後遺症を負います。

事件の犯人として逮捕された乃十阿徹は事件の詳細を一切話さないまま25年間服役していました。

  • 事件発生:1990年の夏
  • 事件現場:星の丘ふるさとキャンプ場
  • 事件内容:ウォータータンクに毒草が混入
  • ケイトの年齢:2歳

まるみっち
まるみっち
供述が二転三転する事はあっても、犯行理由を何も語らないなんてちょっと違和感があるよね。

犯行理由を語らないのではなくって語れない可能性も!

ボロが出てしまったら困るから事件の話には一切答えないのではないでしょうか。

まろん
まろん
ハリヒメソウを犯行に使った理由は何?

毒物を使って犯行に及ぶつもりだったら、事前に用意しませんか?

例えば、殺虫剤とか薬品とか。

キャンプ場周辺に生えていそうな毒草をわざわざ使うでしょうか。

まるみっち
まるみっち
乃十阿徹がターゲットにしていた人物がいて、その他の被害にあった人々は事件に巻き込まれたのかな?

ターゲットを1人に絞っていたのなら、誰が飲むかわからないウォータータンクに毒草を仕込むよりも、ターゲットだけが口にするようにしませんか?

ターゲットを絞った犯行ではなさそうです。

まろん
まろん
つまり?どーゆーこと?

ターゲットが絞られていないことから、自身の楽しみのために行った犯行とも考えられます。

もしそうだとしたら、もっと効果の強い薬品などを使うはずなので、星の丘ふるさとキャンプ場犯行は偶然起こった。

予期せぬ形で!

毒草のハリヒメソウは子供のイタズラだったのかもしれません。

本人にはイタズラの意識はなく、おままごとの感覚だった可能性も。

乃十阿徹は自分の娘を守るために犯人になった。

母親はその事実にたどり着くのを阻止するために父親がキアヌ・リーブスだと嘘を付いた。

父親が事件の犯人だということは『知らなくていいコト』

父親が誰かをかばっていることは『知らなくていいコト』

無邪気な子供のイタズラで命を失った人がいることは『知らなくていいコト』

星の丘ふるさとキャンプ場で毒草ハリヒメソウをウォーターサーバーに入れたのは、当時2歳だった真壁ケイト。

真壁ケイトの性格上この真実の記事隠すことはできず、記事を書き上げてから週刊イーストを去るというのが最終回予想です。

Sponsored Link