音楽

三阪咲【みさかさき】の中学と高校は?歌唱力を鍛えた方法とは?

Pocket

関ジャニ∞のTheモーツアルト音楽王No.1決定戦に三阪咲(みさかさき)さんが出演されました。

今回は世界的大ヒット歌手キトラ・セトルさんが見届人として出演され、冒頭では大ヒット曲This is me を披露されました。

超一流の音楽家が集結し『真剣勝負』を繰り広げます。絶対女王の新妻聖子さんに挑戦する三阪咲さんの結果はどうだったのでしょうか?

Sponsored Link

三阪咲(みさかさき)さんはどんな人?

歌手を目指したきっかけは偶然だったようです。

三阪咲さんはもともとダンスを習っており、ダンスのレベルが上がったのを機に教室を移られました。

移籍先のダンス教室では、コースを2つ受講すると割引が受けられるシステムを取っており、三阪咲さんはダンスのクラスにプラスして歌のコースも受講を開始しました。

そこで歌うことの楽しさに目覚めたそうです。

自分の歌を表現する場所として、小学校6年生の頃から路上ライブを始めたそうです。多い時では月に8回もライブを開催しパフォーマンス力を養われたそうです。

明確な夢を持っていなければ、小学6年生で路上ライブをやってみようとはなかなか思えませんね。

路上ライブでは洋楽も披露されていいます。英語がペラペラなのかと思うほど上手な歌声です。

ユーチューブでshape of you(Ed Sheeran)の路上ライブの歌声がアップされていました。おそらく一度は耳にしたことがある曲なので、聞いてみてくださいね。

路上ライブの様子はこちら

2019年4月29日(祝)には東京の下北沢CLUB Queにて初のワンマンライブが開催されます。チケット詳細はこちら

三阪咲(みさかさき)プロフィール

生年月日:2003年4月23日

血液型:A

身長:170センチ

出身地:大阪府

好きな色:赤

好きな飲み物:コーラ・メロンソーダ・いちごみるく

2019年4月からは高校生

三阪咲(みさかさき)さんの通っている学校は?

三阪咲(みさかさき)さんはこの春から高校に進学されますが、出身中学はどこだったのでしょうか?

プロフィールなどを検索しましたが、学校名などの詳細は公表していないようで確認することができませんでした。

しかし、インスタグラムの投稿に制服姿の三阪咲(みさかさき)さんを発見しました。

リボンが印象的な制服です。制服姿はこちらをクリック

三阪咲さんが通われていたのは、制服から推測すると大阪府堺市にある中高一貫校の堺リベラル中学校でした。

日本最大級の私立中学・国公立中高一貫校情報サイトのシリタスによると、年間授業料は90万円で、偏差値は46の女子校です。

制服が非常に特徴的でバリエーションが豊富です。

スカートは2種類

リボンとネクタイもその日の気分でチェンジできます

紺色のソックスと白のソックス

ベストも2種類

コーディネートは自由自在なオリジナル制服なので自分だけのオシャレが楽しめそうですね。

教育については、学習指導、表現教育、待つ教育、マナー・礼儀作法に重点を置いた教育を実践している学校のようです。

外部で活躍している生徒さんも多く在籍されているそうで、大会やショー舞台の出演で公欠扱いになった授業については、必要に応じて随時補修などで対応し、授業の遅れがないように対応してくれるそうです

このような学校側の手厚い対応があるので、三阪咲(みさかさき)さんもこの学校を選ばれたのではないでしょうか。

活動の幅を広げるために高校からは上京することも考えられますが、プロデビューはまだしていない現状では、堺リベラル高等学校への進学が濃厚ではと推測していました。

本日の放送で堺リベラル高等学校の制服を着て出演されていた事を確認しました

Sponsored Link

三阪咲(みかささき)さんの歌唱力を鍛えた方法とは?

以前テレビ番組に出演された時、音楽プロヂューサーの田中隼人氏は

『売れそうじゃないですか?どんな歌に歌っても彼女の歌にできる。今すぐデビューしてもおかしくない』と三阪咲(みさかさき)さんの歌唱力を大絶賛されていたそうです。

では、この歌唱力はどのようにして培われたのでしょうか?

小学生の頃にしていた練習方法が紹介されていました。

使うのは、このユーチューブの音源です。⇨音源はこちら

発声練習1を裏声を使わずに最後まで音階をあげていくと、ミッスクボイスが完成するそうですよ。

ちなみに、ミックスボイスとは地声と裏声が混ざったような中間の声のことと言います。ミックスボイスを習得すると、地声のような力強い声を保ちつつ、裏声のような高音域を出すことができるようになるそうです。

これを毎日1回するだけで、昨日できなかった音を出せるようになるそうです。

三阪咲(みさかさき)さんは小学4年生で発声練習1の音域を出せるようになっていたそうです。

以前歌の先生をしている方に、こんな話を聞いたことがあります。

『歌が上手な人は、歌が上手なんじゃなくて耳がいいから正しい音がでるんだよ。だから、音痴な人は耳が悪いの』

その時はあまり気にして聞いていなかったのですが、三阪咲(みさかさき)さんが洋楽を歌われている動画を拝見した時にこの言葉を思い出しました。

洋楽の発音がとても綺麗だと思いませんでしたか?

先生の言葉を借りれば、耳がいいので洋楽の言葉を聞き取ることができ、上手く再現できるんだと思います。

音痴な私には羨ましいかぎりです。

三阪咲さんの歌声に涙した世界の歌姫

すばらしい歌声を聞かせてくれた三阪咲さん。歌の上手さもさることながら、表現力も備わってさらにパワーアップしてきたと感じました。

そんな三阪咲さんの歌声を聞いて、感動の涙を流していたのが世界的な歌姫として紹介されていたキアラ・セトルさんです。

キアラ・セトルさんは主にミュージカルで活躍されている女優さんで、2017年に公開された『グレイティスト・ショーマン』で髭女のレティ・ルッツ役に抜擢されました。

主題歌ティス・イズ・ミー(This is me)を担当しゴールデングローブ賞を受賞されています。

今回は残念ながら準決勝で敗退してしまいましたが、キアラ・セトルさんが何度「本当に15歳なの!!」とおっしゃっていたのが印象的でした。

今後の活躍に期待したいと思います。

Sponsored Link