ハピネス

【ハピネス】韓国ドラマの相関図とキャスト情報!あらすじと感想紹介

韓ドラの世界に
\ ハマってる時が一番幸せ /

まるみっち
まるみっち
この記事では『ハピネス』の相関図とキャスト情報を紹介しています。

主演のパクヒョンシクさん除隊後の復帰作!!

それでは詳しく見ていきましょう。

Sponsored Link

【ハピネス】韓国ドラマのあらすじと概要

放送時間
金・土 午後10時40分
放送期間 2021年11月15日から2022年12月11日
放送回数 12部
放送局 tvN
演 出 アン・ギルホ
企画・制作 STUDIO DRAGON
脚 本 ハン・サンウン
音 楽 キム・テソン
撮影期間 2021年5月11日〜2021年9月9日

 

建築が進められていた最新タワーマンションの工事が完成し、ここに入居するのを首を長くして待っている警察特攻隊員のユンセボム。

職務の厳しさから逃れてリラックスできる場所を、ついに手に入れた喜びを隠しきれません。

そして長年の友人で同僚警察官のチョンイヒョン刑事もまた

このマンションに引っ越してくる事になり、セボムには幸せな未来しか見えていませんでした。

しかし…幸せは長く続かなかったのです。

このマンションで新種の感染症が徐々に広がり、外部との接触を遮断され孤立してしまった住人たち。

次第に自分たちがテロの標的にされ、感染源として都市にパニックを引き起こす存在である事に気付き

生き残るためのチャンスとして感染が急激に広がった原因を究明しようと動き始めます。

混乱と恐怖におののく中、彼らは生き残ることが出来るのだろうか?

 ハピネスを
\日本語字幕でみるなら/

【ハピネス】韓国ドラマの相関図

相関図を日本語訳しました\(^o^)/

Sponsored Link

【ハピネス】韓国ドラマのキャスト紹介

501号室

ユン・セボム役

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanhyojoo(@hanhyojoo222)がシェアした投稿

警察特攻隊戦術要員

素早い情報判断力と気遣い、度胸でテロ鎮圧技術を習得した警察特攻舞台のエース。

幼い頃は貧しく、一部屋しかない家で両親は、毎日のようにお金で言い争いを繰り替えしていました。

両親の罵り合いから逃れるため、喧嘩が治まるまで父親の車の中で音楽を聞いて過ごす日々。

そのため、リラックスして過ごせる自分の家を持つことがセボムの夢となったのです。

しかしその夢の家で、思いもしなかった出来事に巻き込まれます。

氏名:ハン・ヒョジュ

生年月日:1987年2月22日

身長:172㎝

血液型:A型

【出演作品】

  • 2006年 春のワルツ
  • 2009年 華麗なる遺産
  • 2010年 トンイ

2009年に出演したドラマ『華麗なる遺産』で絶大な人気を得、2010年に出演した『トンイ』で国民的女優に。

その後は映画界での活動が目立っています。

日本の芸能事務所にも所属し、2014年には映画『MIRACLE デビクロ君の恋の魔法』で相葉雅紀さんや生田斗真さんなどと共演。

2021年3月公開の映画『太陽は動かない』では竹内涼真さん、藤原竜也さんと共演しています。

キム・ボクナム(演:カン・ジウン)

  • セボムの母親
  • セボムの人生を引っ掻き回してきたが、本人は良い母親だったと思っている

チョン・イヒョン役

 

この投稿をInstagramで見る

 

박형식 / Park Hyungsik(@psn1159)がシェアした投稿

セヤン警察強力班所属

有力候補として、プロ野球選手を夢見ていたが膝の負傷で断念。

体育会系に見えるが、頭を使う捜査スタイルで駆け引きも得意。

マンションが封鎖されても警察としての態度は維持し、警察官の職務に誇りを持っている。

氏名:パク・ヒョンシク

生年月日:1991年11月16日

身長:183㎝

血液型:AB型

【出演作品】

  • 2016年 花郎
  • 2017年 力の強い女ドボンスン
  • 2018年 SUITS

アイドルグループZE:Aのメンバーでボーカルを担当。

背が小さくて小顔、王子様のようなルックスからプリンスと呼ばれています。

キム・ジョングク役(演:イ・ジュンヒョク)

イヒョンの先輩刑事

イヒョンが高校時代に起こした自殺未遂を担当した刑事で、イヒョンの推理力を高く評価しパートナーに。

昇進がうまく行かず、副業で始めた餅屋の配達途中でアパートに閉じ込められてしまう。

201号室(清掃業者)

清掃をしながら一生懸命働く誠実な社長夫婦と、スキー用ゴーグルにマスク姿の怪しげなアルバイト男性。

清掃中にマンションが閉鎖され、しかたなく清掃していたマンションの部屋で生活することに。

  • コ・セギュ役(演:キム・ヨンウン)夫
  • チ・ムンヒ役(演:イ・ジハ)妻
  • アンドリュー役(演:イ・ジュンス)アルバイト

302号室(老夫婦と息子)

ティング族(結婚してもあえて子供を作らない)子どもたちに財産を配り、残ったお金でマンションに入居した政治経済に関心が強い愛国者。

年寄りには年寄りの知恵があると自負するがファーストフードの端末ですら扱う事が出来ない。

そして株にハマっている30代の息子。

  • キム・ハクジュ(演:ホン・スンチャン)夫
  • チ・ソンシル(演:イ・ジュシル)妻
  • キム・ドンヒョン(演:カン・ハンサム)息子

401号室(中流階級の市民)

アパートの家賃が上がったことを口実に、妹にお金を借りに来ていた最中にマンションが閉鎖されてしまった。

思いがけず同居する事となったきょうだいに、わずかでも家族愛が生まれるのか?

それとも憎しみが増すだけなのか…。

  • ナ・ヒョンギュン(演:パク・ヒボン)ロマンスウェブ小説家
  • ナ・スミン(演:ナ・チョル)ヒョンギュンの兄

502号室(宅配便の運転手の平凡な家族)

一人娘には心臓に持病があり、治療費がかかり生活に余裕はない。

マンション封鎖時、夫婦は配達中で一人娘だけが取り残される。

向かいに住むイヒョンとセボムがユソンに面倒を見てもらっている。

  • パク・ヨンチョル(演:チョン・ソクチャン)父親
  • ナ・ヒョンギョン(演:パク・ヒボン)母親
  • パク・ソユン(演:ソン・ジウ)娘

601号室(医師夫婦)

交通事故で入院中に医大同期ミンジの心に付け入り結婚に持ちこんだ。

専門医の資格はないが、美容皮膚科チェーン店をオープンし大成功。

同僚医師に詐欺行為を働き、患者に低品質な化粧品を販売し被害者までだした。

他人を踏み潰しながらい生きているのに、自分に少しでも不利な事が起これば不公平だと怒る。

  • オ・ジュヒョン(演:ペク・ヒョンジン)
  • パク・ミンジ(演:ペク・ジュヒ)

ウ・サンヒ(演:ムン・イエウォン)

皮膚科2号店の室長

医学関連の正式な教育は受けていませんが、皮膚ケア施術に関しては知らないことはない。

602号室(弁護士の夫と秘書の妻)

事務所を開くお金がないため、オープンチャンネルを開きチャットで法律相談も行っている。

一介の秘書に過ぎなかったソユンが、弁護士の自分と結婚したことで身分上昇したと考えており、妻のする事に感謝はするが当然のことだと思っている。

マンション閉鎖後は、マンション内で起こる様々な問題に法律的助言を行う。

  • クク・ヘソン役(演:パク・ヒョンス)弁護士
    階級社会の最高意思決定は法曹人だと信じる旧世代のエリート
  • シン・ソユン役(演:チョン・ウンソン)秘書

1202号室(詐欺師夫婦)

マンションの入居者代表になり利権を得ようとしている。

全国各地のマンションやオフィスを回り代表や管理事務所を掌握し詐欺を働いている。

  • オ・ヨンオク(演:ペ・ヘソン)妻
  • サン・ウチャン(演:チャ・スンベ)牧師

1501号室(ペントハウス)

外交官夫婦の息子でお金持ちのニート

  • キム・セフン(演:ハン・ジュウン)

各種陰謀論に興味を持ちサバイバル専門家を自任している為、家にはサバイバル道具が用意している。

ハンテソクと周辺人物

ハン・テソク役

医務司令部所属の中佐

効率的な仕事処理のため軍と民間の両方に役職を持ち、政府の主要省庁にかなりの影響力を持っている。

長い間、軍の情報司令部で情報要員として働き除隊後は製薬会社の役員として勤務する感染症対策の適任者。

氏名:チョ・ウジン

生年月日:1979年1月16日

身長:180㎝

【出演作品】

  • 2016年 トッケビ
  • 2016年 元カレは天才詐欺師
  • 2018年 シカゴタイプライター

イ・ジス役(演:パク・ジュヒ)

医務司令部所属の中佐

看護師ライセンス保持しており海外派兵での戦闘経歴もある。

感情を表に出さず、引き受けた任務をこなす優秀な人材。

その他

イ・ボラム(演:ハン・ダルソ)

スーパーのアルバイト店員

授業料の準備のため休学しアパート内のスーパーでアルバイトをしている。

隙間に公務員試験も行い、合格すれば学校もすぐに辞める予定。

【ハピネス】韓国ドラマの感想

今回『ハピネス』で刑事・チョンイヒョンを演じる事となったパクヒョンシクさん。

台本を初めて読んだ瞬間に、これまで出演してきた作品とはキャラクターの性格や表現方法、アプローチ方法が新鮮だと感じたんですって。

刑事役を演じるにあたり、アクションの練習と体力向上に力を注いだと語っています。

そんな新次元スリラードラマで監督を務めたのは、『青春の記憶』や『アルハンブラ宮殿の思い出』『秘密の森』などで知られるアンギルホ監督です。

アンギルホ監督は、ジャンルを問わず緻密で繊細な演出を行う監督として知られています。

そして緻密で繊細な演技を引き出す脚本を担当したのは、『グッド・ワイフ』や『ウォッチャー不正捜査官たちの真実』を執筆したハン・サンウンさんです。

監督と脚本家は『ウォッチャー不正捜査官たちの真実』でコンビを組んだ経験があり、ハピネスではワンランク上のスリラー作品に仕上げています。

さてここからは韓国ドラマ『ハピネス』を視聴した、皆さんから届いた感想を紹介したいと思います。

りん
りん
ヒョンシクくんに初めて出会ったのは、花郎でした。

色が白くてきれいなお肌に、初々しい感じがかわいくって♡

ハピネスでは今までとは違ったキャラクターでカッコいいです。

ゆきの
ゆきの
マンションを舞台にしている所は日本の「あなたの番です』を連想しちゃいます。

設定は大きく違いますが、みんなが怪しい…。

疑心暗鬼になっちゃいますね。

ちひろ
ちひろ
セボム役の女優サンが『トンイ』の女優さんだったと今知りました。

印象が違いすぎて気が付かなかった〜。

トンイで吹き替えを担当してた声優さんが今回も吹き替え担当してくれるのかな?

ゆみ
ゆみ
こんな閉鎖されたマンションに取り残されたらって考えただけで怖い。

メンタル弱いんで^^;

最後まで耐えきれるか自信ないな…。

韓ドラの世界に
\ ハマってる時が一番幸せ /

※ この記事の内容は2021年11月現在のものになります

☆ 最新韓国ドラマ ☆