テセウスの船

【テセウスの船】車椅子の男は安藤政信!芝居は好きじゃないってマジ?

Pocket

東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月から実写ドラマ化されることになりました。

安藤政信さんが演じる『車椅子の男』は、事件解決のために欠かせない重要な役どころなんです!

今回は、安藤政信さんが3年間俳優を辞めた理由や自由過ぎる人柄について記事にしています。

Sponsored Link

【テセウスの船】車椅子の男!安藤政信のプロフィール

氏名:安藤 政信(あんどう まさのぶ)

生年月日:1975年5月19日

身長:175㎝

血液型:O型

趣味:写真

特技:野球 

出身地:神奈川県

高校の卒業前に電車の中でスカウトされた安藤政信さん。

しかし当時は芸能界に興味がなく、何度も断り逃げ回っていたと言います(笑)

結局は事務所の方の熱意に押され19歳の時に芸能界入りを決めました。

高校在学中なのに19歳??

ちょっと違和感がありますが…^^;

安藤政信さんご自身あまり詳しいことは語っていませんが、高校3年生を2回経験したんですって。

この辺りの情報は詳しいことが分かり次第追記していきますね。

その後、スカウトから2年後の1996年に北野武監督作品『キッズ・リターン』で映画デビューを果たします。

新人の安藤政信さんを主演にするかどうか北野監督とスタッフの間で意見が別れたんですって。

キッズ・リターンは、バイクで事故にあい瀕死の状態だった北野監督の復帰作品

スタッフの方々も、絶対に失敗する事は出来ない気合の入った作品だったと言います。

そのため主役選びには慎重を期しました。

最終オーディションに残った時は『北野監督の作品に出演したい』とやる気満々の参加者の中で、間違えて呼ばれたのではと思い1人下を向いていたんですって。

でも、最終的にはスタッフの反対を押し切って安藤政信さんを主役に抜擢したんです!

さすが世界の北野監督!!

人を見る目は確かなんですね〜。

安藤政信さんが演じる車椅子の男についての記事はこちら!

【テセウスの船】原作6巻ネタバレ感想!姉の夫は音臼小事件の被害者?東元俊哉さんがモーニング(講談社)で執筆中の漫画【テセウスの船】が2020年1月に実写ドラマ化されることになりました(^^) 加害...

【テセウスの船】車椅子の男は安藤政信!俳優を辞めた理由に驚愕!

デビュー作となっったキッズ・リターンが大ヒットし、その年の映画賞を総ナメにします(^^)

第21回 日本アカデミー賞・新人賞
第6回 東京スポーツ映画祭・新人賞
第51回 毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞
第34回 ゴールデンアロー賞・映画新人賞

第18回 ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞
第9回 日刊スポーツ映画大賞・新人賞
第21回 報知映画賞・新人賞
第7回 文化庁優秀映画作品賞・長編映画部門
第11回 高崎映画祭・最優秀新人賞
キネマ旬報賞・新人賞

 

一年でこんなに沢山の新人賞を受賞するなんて凄いですね!

その後は多くのドラマや映画に出演して売れっ子俳優となるのですが、2000年に出演した『学校の怪談 春の呪いスペシャル』以降は軸を映画に移します

そこから2012年に放送されたドラマ『東野圭吾ミステリー』まで13年間ドラマに一切出演することは無かったんです!

しかしその後、さらに驚くことが起こります(>_<)

2012年の作品出演を最後に事務所を退社し芸能活動を休止!!

トラブルになったとか、大物俳優に生意気な態度を取って干された…^^;

とかではないんですよ(笑)

ただ…『別にいいかなって。そうでもいいと思って、1回辞めてみようかな』と思っただけなんですって。

まるみっち
まるみっち
か・な・り自由な考え方する人だね〜

まろん
まろん
そこが魅力なのかもしれないよ〜

それまでは『お金がなくなったら映画に出て稼ぐ』というライフスタイルだったので、お金はスグにスッカラカンに。

もともとカメラに興味があった安藤政信さんは、カメラのアシスタントをしたりスタジオでレフ板を当てたりするバイトをしていたんですって。

安藤政信さんってバレ無かったのでしょうかね〜。

2015年に結婚して子供が生まれたのを期に俳優に復帰しています(^^)

Sponsored Link

【テセウスの船】車椅子の男は安藤政信!芝居は好きじゃない?

まるみっち
まるみっち
3年間の空白期間を経て演技の世界に戻って来たと言うことは

やっぱり芝居が好きだったんだね〜

まろん
まろん
それがね…芝居は好きじゃないって言ってるんだ〜

もちろん本当にお芝居が嫌いなわけでは無いんでしょうけど…(笑)

ただ『台本を読むのが嫌い』なので、過去には9ページ分も1人で喋らなくてはいけないシーンのセリフを覚えていかずに現場で大迷惑をかけた経験や…。

『こんなセリフ言いたくない』って思ってしまうと撮影中でもセリフが言えない時があるんですって^^;

『芝居は好きじゃない』ではなく役に入り込みすぎてしまって、この人物はこんなセリフ言わないって思ったら受け入れられないのかもしれませんね〜。

それに、デビュー作が北野武監督作品って言うのも関係しているかもしれませんよ〜。

北野監督の演出方法がかなり独特で、セリフを覚えてこないでくれと言ったり撮影の直前でセリフが変更になることもしばしば。

その時の役者の演技や流れに合わせて変更する方法なんですって。

一番初めに北野武流の撮影方法を仕込まれたんですもの!

台本を覚えて、こんな事言わないだろって感じているセリフが喋れない安藤政信さんの感性も理解できます(^^)

こんな自由な感じでも次々に有名作品に出演しているって事は、それだけ魅力がある俳優って事ですね!

ドラマ『テセウスの船』ではどんな演技を魅せてくれるのか?

今からとても楽しみですね!

Sponsored Link